ゲストハウスで「3密」を回避する方法

他の人との交流が多く、それが醍醐味ともいえるのがゲストハウス。

普段の日常でしたら、他の人と楽しく雑談して頂いても何ら問題はないのですが、今、新型コロナウイルスが蔓延しているこの状況では、それは結構なリスクを伴います。なぜなら、新型コロナウイルスは感染してから初期症状が発生するのが遅く、知らないうちに他の人に感染をさせてしまうからです。

そこで、2020年3月28日に厚生労働省から公表された「3密」をゲストハウスではどのように実施していくのかをお話ししていきます。

そもそも3密とは

3密とは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、集団での感染を防ぐために国や自治体が避けるべき場所や条件として呼びかけているもので

・換気の悪い「密閉」空間

・多数が集まる「密集」場所

・近距離で会話や発声をする「密接」場面

以上の3つのことを指します。

それではこれを踏まえて、ゲストハウスでの実施の仕方をまとめていきます。

密閉

コロナウイルスは空気感染はせず、飛沫感染と接触感染の2種類だと言われていますが、研究していくうちに、咳やくしゃみなどをした際に空気中に約3時間程残留する微粒子のウイルス(エアロゾル)によっても感染することが指摘されています(エアロゾル感染)。

密閉された空間だと、このウイルスが知らないうちにどんどん溜まってしまい、必然的に吸い込む量や機会が増え、感染の確率も増えてします。

そこで、一般的にもゲストハウス的にも大事になってくるのが、やはり窓を開けての換気です。

換気をすることによって、微粒子であるこのウイルスを簡単に外へと排出することが可能だからです。

なので、我々ゲストハウスのスタッフはもちろん、お客様自身も気づいたら出来るだけ換気をして、エアロゾルというウイルスの滞留を防ぐようお願いいたします。なお、可能なら2つの窓を(進行方向)開けておくとより効果的です。

密集

こちらは学校や映画館、カラオケ、スポーツジム等の多数が密集する場所のことです。新型コロナウイルスは初期症状がすぐに現れるわけではないので、誰が感染者かすぐに発見できるわけではありません。もしかしたら、自分が感染者の可能性も充分あり得ます。そんな中、大勢の人達が密集してしまったらかなり危険な状態となります。

一般的な対策としては、予め密集するとこには行かないことだと思います。人が集まる場所にはその分感染のリスクも大きくなりますからね。

ゲストハウスでの対策としては、共有スペースなどの人が集まる所に制限を設けることだと思います。

例えば、本来20名収まるところを、半分の10名、もしくは半分以下に制限し、さらに、お客様同士の間隔を設ける、等。

完全に使用禁止にすると色々と弊害も出てくると思うので、これくらいが妥当かと思います。

密接

こちらは近距離で会話をしたり、発声したりすることを指します(この場合の近距離とは、手を伸ばして触れられる距離だと言われています)。

密接は、この3密の中で最も注意喚起がされていて、「咳やくしゃみをしなくとも、近距離の対面を一定時間しているだけで感染のリスクがある」と言われています。(マスクの着用をしていない場合)

一定時間とは、30分や1時間といったまとまった時間のことを想像する人が多数いると思いますが、最新情報でこれは否定されており、3~4分程度の密接でも感染のリスクがあるとのことです。つまり、マスクの着用をせず、ほんの少しの立ち話をするだけでも、感染してしまうことがあるということです。

ゲストハウスにも共通する対策としては、既に散々いわれていることではありますが、マスクの着用をし、極力近距離での会話を控えることかと思います。

マスクを着用することにより、感染経路である飛沫感染、接触感染に対し、一定の予防効果を得られるからです。

単純に顔を覆うことによって飛沫を防ぐことができるのは皆さんも承知だと思います。では、なぜ接触感染の予防にもなるのかと言いますと、これまた顔を覆っていることにより、外出中にウイルスが付着してしまった手で口や鼻等への直接的な接触頻度を減らすことになるからです。

なお、使い捨てマスクを捨てる際はマスクの表面を触らず(マスクの表面にはウイルスが付着している為)、耳掛けのゴムだけで顔から外し、ごみ箱へと捨ててください。

まとめ

最後に、上記では記述しておらず、これまた皆さま既にご承知のことだと思われますが、こまめなアルコール消毒(手や手が触れたもの)や手洗いも大変有効です。

アルコールに至っては、普通の手洗いでは落としきれず、残ってしまったウイルスにも効果があると言われています。なので、手洗いの後にアルコール消毒をするのがより効果的かと思います。

また、密接の箇所でも記述した通り、マスク着用はシンプルですがその効果は覿面です。そのこともあってか、現在マスクを入手することは大変困難になっています。そのため、マスクを着用せずに外出している人は割と多くいると思います。そこで「マスクがないから仕方ない」と諦めるのではなく、マスクの手作りをお願いしたいです。マスクの手作りは思っている以上に簡単で、すぐ作ることができます。簡単な方法だと、ヘアゴムとハンカチを購入するだけ。そして、たったの1分で作ることだって出来ます。

最初の方でも記述させて頂いておりますが、ゲストハウスの醍醐味は人との交流だと言っても過言ではないと思います。そのような場所で

密集を避ける・距離を置く・会話をなるべくしない。

というのは、お客様にとっても我々従業員にとっても、大変心苦しいです。しかし、感染し、さらに被害の拡大を助長してからでは遅くなってしまうので、周りの為、家族の為、自分の為にも事前に出来る対策は皆で協力していきましょう。